CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前  2018年09月  次>>
COMMENTS
    春の近況報告 ~BBQ・第二回接合試験~
  • └ NAKAKEN(05/22)
LINKS
SEARCH
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.175651秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
このページの先頭へ

2019年度始まりのあいさつ

皆様はじめまして。
この度2019年度の広報担当になりました渋谷と申します。これから一年間どうぞよろしくお願いします。

まずはじめに遅くなって申し訳ありませんでした、2019年度初の更新になります始動のあいさつを19代の三役よりいただきました。

それでは三役のそれぞれの決意表明をどうぞ


<19代代表>
初めまして!2019年度代表を務めさせていただきます、小暮と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

まずは鳥人間コンテスト2018の関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。また、我々Windnautsの運営に携わり、支えていただいた多くの方々にこの場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

さて、その鳥人間コンテスト2018について、突然ですが少しばかり自分語りにお付き合いください(本当に唐突ですみません)。鳥人間コンテスト2018においてWindnautsの機体”紬”が着水したときに私はただ茫然としていました。桁が折れたという事実、着水とともに訪れた代替わり、様々なことが頭の中でいっぱいになって全く整理が追いついていなかったように思います。それでも代替わりをした以上は代表としてしっかりと動かなければならないという使命にかられ、それまでに立てていた計画を頭の中で思い起こし、プラットホームを後にしました。私はそれで切り替えたつもりでいましたが、プラットホームを後にして他チームの方々から「お疲れ様でした」と声をかけていただいたときに突如として涙がこみ上げてきました。そのときになってようやく”終わった”ことを実感したように思います。

18代の先輩方は今年で引退となってしまいましたが我々19,20代には来年があります。今年度のチーム目標は『王座奪還~Regain&Rebirth~』です。ここ数年遠ざかっている優勝を目指し、パイロットである小林の力を最大限に引き出せる機体製作に部員一同励み、鳥人間、そしてWindnautsの新時代を築き上げていく所存です。そして来年の鳥人間コンテストでは今年の悔しさを晴らし、みんなが笑顔で終わりを迎えられるようにしたいです。そのためにも私は、機体製作はもちろんですが、代表としてできることを全うして良い環境を作っていきたいと思います。

今年もすでに機体製作は開始しています。部員一人ひとりが真剣に取り組み、チームの目標を達成するために活動する毎日です。今後ともWindnautsを応援していただけると嬉しいです。我々も応援してくださる皆様のご期待に沿えるように精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年度代表 小暮 悠


<19代パイロット>
こんにちは。Windnauts 19代パイロットの小林です。コックピット班のパートリーダーとフレーム設計も担当しています。

 7月末に行われた鳥コンでは台風の接近する中でのフライトとなってしまったので、満足のいく結果を得られませんでした。それでも、琵琶湖で飛ばすことのできなかったチームがたくさんあった中で、プラットホームから飛び立つ紬の姿を見ることができたのはとても嬉しかったし、来年自分も琵琶湖上を飛びたいという気持ちが高まったので、その点ではよかったのかなと思います。

 先程書いた通り、コクピ班のパートリーダーとフレーム設計も担当しています。なぜこんなことになったのかというと、今年のコクピ班の執行代が自分と全体設計の2人しかおらず、全体設計は桁焼きや書類作成などいろいろ忙しいので、自分がパートリーダーとフレーム設計を兼任することとなりました。といっても、全体設計の仕事が落ち着いてきたらパートリーダーを引き継いでもらうので、そこまではOBの方々の力を借りながらがんばります。

 自分は出力の面でも操縦の面でもパイロットとしてまだまだ未熟者ですが、10ヶ月後には琵琶湖の空を飛び、昨年奪われてしまった王者の座を奪還するために、一生懸命トレーニングに励んでいきたいです。できればトレーニングの成果等をここでも報告できたらなあと思っています。

 Windnautsの歴史の新たな1ページを創り出すことができるように精進していきますので、これからもご支援、ご声援のほどよろしくお願いします。

2019年度パイロット 小林 和輝


<19代全体設計>
皆様初めまして、2019年度Windnauts全体設計を務めさせていただきます津田と申します。よろしくお願いいたします。



さて先日の鳥コンでは台風の迫る中何とかフライトを行うことができ、一応ではありますが全チーム中最長の距離を飛ばすことができました。フライト中に桁が折れてしまうという結果で終わってしまい、個人的には非常に悔いの残る結果とはなりましたが、プラットフォームから飛び立つ紬の姿は非常に美しく、今年もまた頑張ろうという気持ちになりました。



18代の先輩方も引退され、本格的に19代が始動して1ヶ月弱、最近は毎日のように桁を焼いております。今年は先日の桁折れを受け、パイロットが全力を出し切れる機体をコンセプトに設計、製作を行なっていく予定です。パイロットが全力を出し尽くせる機体を製作すれば自ずと結果がついて来、3年間遠ざかっている優勝、また琵琶湖を一周してプラットフォームへ機体を還って来させる事も不可能ではないと考えています。



プレッシャーは非常に大きいですが、それを物ともせず、尊敬する先輩方とWindnautsの名に恥じぬよう精いっぱい頑張りますので応援よろしくお願いいたします!

2019年度全体設計 津田 晋吾


以上となります。
改めて、東北大学学友会人力飛行部 Windnauts を応援よろしくお願いします。
| 管理 | comments (0) | trackback (0) | Topics |
2018年度終了の挨拶
皆さんこんばんは。2018年度広報担当福森です。
本日放映されました鳥人間コンテスト2018はいかがでしたでしょうか。

2018紬

今年の人力プロペラ機部門は、我々、東北大学Windnautsを含む4チームの飛行はできたものの、
台風による強風のため、それ以降のフライトは中止。
暫定一位でしたが、規定により競技不成立となりました。

しかしながら、彦根市長賞をいただけることになりました。ありがとうございます!

応援してくださった皆様、また大会運営の皆様本当にありがとうございました。
また、参加チームの皆さん。お疲れ様でした。

それでは最後に、2018年度幹部3役より挨拶を紹介させていただきたいと思います。

今後とも東北大学Windnautsを応援よろしくお願いいたします。


<全体設計>

お久しぶりです。2018年度Windnauts全体設計を務めました藤井です。
昨年に引き続き多くの困難に見舞われながらも、多くの方のご協力や応援もあり、この1年をやり遂げることが出来ました。本当にありがとうございました。

結果の方ですが、鳥コンをご覧になった方はご存知かもしれませんが、フライト途中で桁が折れて着水という割り切れない結果となってしまいました。
機体を預かる身として、パイロットの命を危険に晒してしまったことの責任を非常に深く感じております。
折れてしまった原因については、現在究明を進めております。
二度とこのようなことが起きぬよう、後輩に引き継いでいくつもりです。
 
とても辛く、そして、とても楽しい、かけがえのない1年間でした。
応援ありがとうございました。

2018年度全体設計 藤井 哲也

2018all

<パイロット>
こんにちは、2018年度パイロットの越野です。
鳥コンの放映は如何だったでしょうか。

台風の影響で競技が不成立となって心配した方もいらっしゃったかと思いますが、
我々Windnautsは何とかプラホから発進し、琵琶湖の空を飛ぶことが出来ました。

途中で機体が破損しての着水となりましたが、他のチームも同 じ様に苦戦していたのを見ると、
悪条件の中でもあそこまで 飛べる機体を作ってくれた設計者および仲間たちにとても感謝しています。

正直自分は台風で飛べないかなと思っていたので飛べただけ でも満足です。
出し切れなかった部分は後輩に託して、全力でサポートしてい こうと思います。

今年も応援してくださった皆様ありがとうございます。そして これからもWindnautsをよろしくお願いします。

2018年度パイロット 越野 陽也

2018代

<代表>
2018年度代表を務めさせていただきました、鈴木と申します。 

テレビ放映でご覧になられたかもしれませんが、今大会は残念ながら競技不成立という形で終わりを迎えました。
うやむやした気持ちが1ヶ月たった今でも残っています。
ただ、日の目を見ることなく琵琶湖を去ったチームが多数ある中で、なんとか飛ばすことができたという点では非常に嬉しく思っています。
1年、いや入部してから数えれば3年もの間夢見てきた瞬間でした。
身命を賭して製作した紬(機体名)が飛ぶ姿はそれはそれは美しいものでした。
欲を言えば1時間も2時間も飛んで欲しかったと思いますが、今までやってきたことに悔いはありません。
最高の仲間と最高の時間を過ごすことができました。みんなありがとう!

今後はOBの一人として、後進の応援にまわりたいと思います。
一年間ありがとうございました。
今後とも東北大学Windnautsをよろしくお願い致します。

2018宴会
| 広報(18年) | comments (1) | trackback (0) | Topics |
春の近況報告 ~BBQ・第二回接合試験~
こんにちは。広報担当の福森です。
今回は春の近況報告ということで、BBQと第二回接合試験の報告をさせていただきます。

【BBQに行ってきました!】

はじめまして!F班2年の近藤です。
さわやかな風と木漏れ日に、思わずスキップしたくなる今日この頃です。
Windnautsでは新入生の顔合わせも兼ねて、5/12(土)に湖畔公園にてBBQを行いました。
昨年は雨により中止になってしまったので、今年は天候に恵まれて本当に良かったです。

2018BBQ

当日は美味しいお肉を食べながら、新入生はもちろんOB・OGさんとも交流することができました。
嬉しいことに、今年はたくさんの新入生が入ってくれたのですが、多すぎて全員と話すことができませんでした…
(新入生のみなさんごめんなさいm(_ _)m)今後積極的に話しかけていこうと思います。
食後はボートに乗ったり、ボールで遊んだり、ドローンと遊んだりと、各々楽しいひと時を過ごしていました。
BBQ会場で隣にいた外国人の団体と仲良くなったのも良い思い出ですね。
僕にとって初の行事だったので不安もありましたが、実際は笑いあり涙ありのとても楽しい行事でした。
来年もぜひ参加したいと思います。
----------------------------------------------------------------------------------

【第二回接合試験を行いました】

どうも、初めまして。翼班次期班長の酒徳です。
さて、先日5月16日に翼の第二回接合試験を行いました。

2018_2nd_接合試験

初回と違い、今回はほぼ完成した状態の翼をつなげたので、いよいよ実際に飛ばす時が近づいてきたなぁとしみじみ感じました。
そしてこれにより主翼製作の主な部分はほぼ完了したので、現在は尾翼の製作を主に進めています。
ご協力いただいたOB、OG、および現役生の皆様、ありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------------------

ということで、以上となります。
今後、各班がロールアウトを迎えるため、また近いうちにブログを更新させていただくと思います。
どうぞよろしくお願いします。
最近、寒暖差の激しくなっています。皆様、お体にお気をつけてお過ごしください。


| 広報(18年) | comments (1) | trackback (0) | Topics |
【2018年度入学生向け】 新歓情報!
東北大学に入学された皆さん、本当におめでとうございます!🎉
私たちは毎年夏に行われる鳥人間コンテストに向け、人の力で飛ぶ飛行機を作っているWindnautsです。

さて新入生の皆さんへお知らせですが、新歓の日程が決まりました!
以下の通りになります。

4月
 9日 説明会 @C402
 11日 パイロット体験会① @C301
 12日 映画上映会 @C301
 14日 スポフェス展示 @厚生会館(杜ダイ)前
 15日 花見 @大町西公園
 16日 説明会 @C301
 19日 パイロット体験会② @C407
 25日 説明会 @C306

このほかにも、作業体験等を実施する予定です!!
詳しくは新歓Twitter@windnauts_wel30やLINE@で発表していきますので、フォロー・友達登録をよろしくお願いします!!!

コチラから新歓Twitterをフォロー!

コチラから新歓 LINE@を友達登録!

さらにさらに!作業場ではいつでも新入生の皆さんを歓迎します!
興味のある方は遠慮なくどんどん作業場へいらっしゃってください。お待ちしております!

作業場の道のりは、コチラのTwitter投稿をご覧ください。
課外活動共用施設A-5というところになります。
東北大学のキャンパスマップで見たい人はコチラをどうぞ。


| 広報(18年) | comments (2) | trackback (0) | Topics |
電装班 今年、搭載予定の計器類
はじめまして!こんにちは電装班パートリーダーの伊東です。
春休みも後半戦となり、ようやく完成形が見えてきたので、今年の機体に搭載する計器類について紹介しようと思います。

計器類は去年と同じく回転数、機速、高度、姿勢角、舵角、位置情報の表示や記録とZigBeeモジュールを用いたテレメトリを行います。
去年と大幅に異なるのは配線や処理を見直してマイコンの数を減らした点です。
その結果、メイン基板の小型化や作業工数、消費電力の削減を実現できました。

昨年と今年の電装システムを比較するとこのような感じになります。




メイン基板(下写真)も昨年に比べて小さくなりました。今はユニバーサル基板ですが両面プリント基板に置き換える予定です。



また(今年度、実機には搭載しませんが)Androidアプリと出力計の実験も行いました。
Androidアプリは飛行中の航路表示を目的として作成してみました。
GoogleMapで現在地、通過経路、姿勢角等の記録や表示、チェックポイントの選択などが行えるようになっています。
将来的には外部からデータ入力して記録できるようにしたり、オフラインマップに対応できるようにしたりしたいです。
下のスクリーンショットは工学部の裏の山道通った時のログです。



出力計は他の大学の鳥人間サークルの方から聞いた情報やいろいろなサイトを参考に作ってみました。
下の写真のようにクランクにひずみゲージとArduinoNano、Xbeeを取り付けてクランクのひずみ値を送信するようにし、受信側は回転数計とmbedを用いて出力を算出しました。
まだ信頼できる値が取れていない状況なので今後改良していこうと思います。



TFまであと3か月弱、これからも誠心誠意、製作に励んでいこうと思います!

| 広報(18年) | comments (0) | trackback (0) | Topics |
このページの先頭へ